「競馬ブログ」始めました。の口コミ評価

口コミを見る

どうもー!
競馬予想サイトぶった斬り!の管理人をやっております物田 斬男と申します!

サイト内ではちょこちょこコメントさせてもらってますが、少しでも管理人がどんな奴なんだ?というのを知ってもらうために、ブログを始めようと思います。

これからも競馬サイトの事はもちろん記事にも力を入れていきますが、このブログではプライベートであった出来事なんかでもどんどんアップしていきます。

不定期更新にはなるかと思いますが、週に1~2度は更新していきますので、暇なときや更新されたときに覗きに来てくださいね!

そしてもしよかったらコメントなどもしていただけると、返信できるときには返信させてもらいますので、質問などありましたらどんどんコメントしてみてください!

さて、今回が初めてのブログのテーマなのですが、まずは自分の競馬のルーツと言いますか、競馬歴23年の中でも一番好きだった馬の話をさせてもらいましょうか!

競馬歴23年っていうと、ちょっと昔の馬を想像されるかと思うんですが、本当に好きだったのはオルフェーヴルです!

自分が本当にオルフェーヴルを好きになったのは、三冠を獲ったレースや、あの阪神大賞典での逸走事件でもなく、オルフェーヴルが3歳になりたての「シンザン記念(GⅢ)」で2着に負けた時です!

「え?負けたのに好きになったの?」って思われる方もいるかもしれませんが、「負けて強し」っていうのがあるじゃないですか!あのシンザン記念の時、オルフェーヴルはまさにその負けて強していて、そこから追いかけるようになったのがきっかけなんです。

この「シンザン記念」の時は、前走の京王杯2歳Sで10着に負けていたこともあって、単勝オッズは10.7倍の3番人気。

でも京王杯は明らかに距離が短すぎた印象だったんで、「マイルに戻るここは買い!」と思い本命を打って馬券を握ってたんですが、スタートがあまり上手ではない上に、気性も激しいお馬さんなので、見事に出遅れ(笑)

シンザン記念って新年一発目の重賞なだけに、馬場も開幕週で前残りが顕著。それに加えて直線平坦で先行有利の京都競馬場。
前走からの距離延長で五分に出れれば先行してくれると思ってたんですが、こうなってはもはや「ダメか・・・」と諦め半分でレースを観ていたその瞬間!

最後の直線に入ったところでも絶望的な位置にいたはずのオルフェーヴルが、全く伸びない外目の馬場をぐいぐいと追い込んできたんです!!

一度諦めかけていた分「行けーっ!!」ってテレビの前でめちゃくちゃ叫んだんですが、惜しくも2着。でもこのレースで「やっぱりこの馬は強い!そして面白い!」と思い、追いかけ始めたのが始まりでした!

次走のきさらぎ賞じゃまた3着に負けちゃったんですけど、そこからの戦績は皆さんご存知の通り!

シンザン記念から引退まで、ずっとオルフェーヴルの馬券を買って応援してましたし、引退レースの有馬記念は現地まで応援にも行きました!(阪神大賞典と天皇賞春では裏切られましたが・・・)

初めて挑戦した凱旋門賞では、最後の直線で抜け出すも、最後に内にモタれる癖を見せたために、最後の最後でソレミアに差されての2着。
日本競馬の悲願達成が目前になっていただけに、いちファンとしてはとてもとても悔しい一戦だった事は間違いありません。

一部のファンからは、「名コンビの池添謙一騎手ならあの癖をわかっていたから勝てた」という批判もありましたが、管理する池江泰寿調教師もそれは重々わかっていてのスミヨン騎手への乗り替わりの決断(凱旋門賞を勝つという事を優先した)だったと思います。
賛否両論あり、レースも負けてはしまいましたが、その凱旋門賞も勝ったソレミアとの斤量差などを考えれば「負けて強し」の競馬だったのではないかなと思いました!

もちろん勝ってほしかったし、翌日の仕事は目を腫らして行きましたけど(笑)

そしてオルフェーヴルが引退してからは、このオルフェーヴルの血を継ぐ馬が早く走ってくれないかとずっと楽しみにしていたのですが、そのオルフェーヴルの初仔であるエポカドーロが、今年のクラシック第一戦「皐月賞」を制した時にはやはりうれしかったですね!(馬券は思いっきり外しました(笑))

日本ダービーでは、皐月賞馬にも関わらずローテーションや春から使い詰めだったこともあって4番人気にまで人気を落としてましたけど、最後はワグネリアンに先着を許したものの東京2400mで2着に逃げ粘ったのは父のオルフェーヴル同様「負けて強し」の内容だったと思いますし、姿形は全く似てませんが、やっぱりオルフェーヴルの仔だなと思いました!(でもやっぱり馬券は外しました(笑))

先日の「神戸新聞杯」ではスタートで躓いてしまい、これまでの先行して押し切る!という得意の形に持って行けず4着に敗れてしまいましたが、再来週の菊花賞には万全の態勢で臨んでくれる事でしょう!

「叩き2走目の藤原英昭厩舎は買い!」なんて格言も一昔前にありましたが、今回もその格言通りの走りを期待したいです!

今週はGIはありませんが、来週の「秋華賞」から、年末の「有馬記念」「ホープフルS」まで12週連続GI開催!(11月のJBC京都開催も含めて)

競馬ファンにとってはたまらない3ヶ月間!!
馬券の的中、不的中も大事ですが、まず大前提に「競馬を楽しむ」をモットーに、存分に楽しんでいきましょう!!

それではまた!

競馬予想サイトの買い目 ガチ検証中!! 【必見】絶対騙されない!厳選した安心安全な5サイトをご紹介! 【登録注意】リスク過多!!キケン運営の競馬サイトを暴露!

「競馬ブログ」始めました。の口コミを投稿する

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

口コミ評価

内容に問題なければ、下記の「口コミを送信する」ボタンを押してください。